読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 『この世界の片隅に』 感想

今日、『この世界の片隅に』を見てきた。

まだぼーっとしている。

観に行こうと思ったのは断酒仲間のGrayさんにオススメされたのがきっかけ。
気にはなっていたけど戦争の話と聞いて行くのを躊躇っていた。
もし勧められなかったら見にいかなかったかもしれない。

見に行って大正解。
とてもいい映画だった。

映画は第二次世界大戦下の広島・呉が舞台。
同然辛い描写もある。
でも、なんだろう。この温かな感じ。
上映中何度か笑いが起きていた。
映画館がほんわかした優しさに包まれてる気がした。

すずちゃんの声やしゃべり方、絵のタッチ、すずちゃんの前向きな生き方、日常。
ただただ戦争の悲惨さを描いているんじゃなく、
希望がもてるというか、温かな気持ちになった。

そしてエンドロール。
ああ、この映画はたくさんの人に愛されて支えられて作られたんだなと胸が熱くなった。

日本はこういうことがあって、
それは作り事でも大昔でもないんだと思えた。
普通に生きてきた人の日常を丁寧に描いているからこそ、絵空事ではなく、実感として湧いてくるのかもしれない。
今、こうして平和に暮らしていられることがとてもありがたいと素直にそう思えた。

この世界の片隅にGrayさんと知り合えて良かった。
いい映画を教えてくれてありがとうございました。