読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断酒して変わったこと、良かったこと。

一昨日の休暇もそうだ。
断酒して明らかに行動的になった。

飲んでた頃ならわざわざ都内まで映画を見に行かなかった。

まずお金ももったいない。
というか、お金がない。

お酒や飲み会にお金を使い果たして常に金欠状態。
都内に映画を見に行く気力も元気もなかった。

飲んでた頃だったら…

まず前日にたっぷり飲む。
翌日は体調不良。で、当然やる気もなし。

朝はまあまあ早く起きる。
けどテレビの前に座り、なにもしない。

そして1日中テレビを見ながらダラダラ食べる。
朝からダラダラワイドショーを見まくり、
科捜研の女か相棒の再放送を見る。

普段はテレビはほとんどみない。
特にニュースやワイドショーなんかは全くみない。

夕方のニュース番組を見て、1日が終わることに愕然とする。

そして食べ過ぎたこと、せっかくの休暇を無駄にしたことをひたすら後悔し自分を責め、落ち込む。

元来私は行動的な方だ。
お酒は好きだったし、強い方だったと思う。

ただし、飲むのは皆と飲む時だけ。
日常的に、しかも家で飲むことなんてなかった。
そして記憶なくすなんてなかった。
ありえなかった。

それが、お酒にめっきり弱くなった。
記憶をなくすことはしょっちゅう。
外で飲むのが怖くなり家で飲むようになった。

最初は嬉しかったり頑張ったりした時飲んだ。
依存症になる前は楽しいことと共にお酒があった。

お酒は皆と飲むもの。

お酒があってもなくてもどちらでもよかった。
ミスドかファミレスか居酒屋か、的な。
飲むことではなく、人に会うことがメインだった。

お酒を飲むことに罪悪感なんて全くなかったし、
お酒自体ににこだわりはなかったと思う。

次第に嫌なことやイライラしたりした時も飲むようになり、
眠れない日や落ち着かない日、
最終的には理由もなく日常的に(⬅夜だけ)飲むようになった。

お酒で嫌な気持ちをまぎらわしたり、
睡眠薬がわりに飲んだりしたことが、
依存症の始りだったと思う。

明らかに前と飲み方が変わった。

そして、飲んでない素面時の心境の変化。
お酒が心を支配し始め、優先順位がお酒になった。

お酒を飲むことに罪悪感も抱くようになった。
やめることは微塵も考えたことなかったけど、
節酒や減酒を試みるようになった。

お酒に依存しはじめから行動力が減った。
というか、色々なことがどうでもよくなっていたように思う。

それが断酒して行動力が戻ってきた。

というより生きる力が戻ったというか、全般的に色々なことがちゃんとしてきた気がする。

それだけじゃなく、色彩、音、感受性が敏感になり、知識欲も戻ってきた。
周りがキラキラ輝いて見え、生きる力が沸いてくるかんじだ。

とても嬉しい。

お酒をやめても過食は治らないし、
自尊心も思うように上がらない。
やっぱり人がどう思ってるか気になるし、
正直に言えば嫌われたくない。
ついつい高いところを目指して頑張りすぎてしまい落ち込む。。

でも、断酒は続いてる。

あんなにどっぷりお酒に浸かっていた私が、
一年以上一滴も飲んでない。
そして会社も毎日休まず行ってる。
家事は思うようにできないし、奥さんとしてダメダメだけど、結婚生活も続いている。
(夫はそもそもちゃんとした家事を、私にのぞんでいない。)

どうしようもなく落ち込んだとき、自分に生きる力を与えてくれるのは断酒の存在だ。

飲まない日を1日1日積み重ねるだけ
たったそれだけのことだけど、
この断酒にどれほど助けられてるか。

死にそうに落ち込んだとき、断酒は続いているという魔法の言葉が私に生きる力をくれる。

お酒をやめて本当に良かった!!

今日もできることをできる範囲で頑張ろう。